大体は

大体は、脚の身をゆでガニや焼きガニ、あるいは鍋などにして食べることが多いです。一方、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ味噌と内子、外子のバランスがとれているため、多くは、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。しかし、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。それに比べて、雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、上海ガニは丸ごと蒸したり、小籠包の具にしたりと存在感のある味なので、超有名ブランドがにの一つです。チュウゴクモズクガニともいわれ、中国を中心にかなり広く分布しています。雑食で、何でも食するので、正真正銘の侵略的外来種です。上海ガニの拡散を防ぎ、生態系を維持するために生体の輸入などを制限をかけている国もあります。
あわせて読むとおすすめ⇒毛蟹の通販なら函館がおすすめ